エアコンクリーニング 季節

> エアコンクリーニングはいつするのが良いの?

1.今が最適!エアコンクリーニングをする季節とは?

梅雨はジメジメして、嫌な季節だなと感じてしまいますよね。
この季節は湿気が多く、お風呂などは急にカビが増えたと感じる人も多くいます。
実は、カビが増えるのはお風呂だけではなく、エアコンも同じです。
この季節はエアコンの中でカビが増殖しやすいため、エアコンを使う頻度が増える夏までには綺麗にしておきたいものです。
エアコンの汚れは、部屋の空気の汚れに直結します。
エアコンが活躍する前にしっかりとエアコンクリーニングをして、快適な生活を送りましょう。

 

1-1.カビが繁殖する前にエアコンクリーニングで空気をきれいに!

エアコンをつけると臭いが気になるということは誰でも経験があるのではないでしょうか。
その臭いの原因はエアコン内部に付着している汚れやカビです。
一見きれいに見えるエアコンも、内部はかなり汚れています。
数年間もエアコンクリーニングをしていなければ、なおさらその傾向は強くなります。
湿気の多い梅雨の季節になると、汚れたエアコン内部でカビが増殖し、その状態で夏を迎えてエアコンを使い始めると、部屋中にカビをまき散らすことになってしまいます。
そんな部屋では誰でも生活したくないですよね。
カビが増殖する前の季節はエアコンクリーニングをする絶好のタイミングです。

 

1-2.エアコンクリーニング業者が混み合う前が狙い目

エアコンクリーニングの依頼するタイミングとして、繁忙期は避けるというのもポイントの一つです。
6月〜8月はエアコンクリーニングの繁忙期になります。
6月にもなれば、気温が上昇し、エアコンを使う人も増えてきます。
臭いが気になるのは、特に使い始めです。
そのため、気温が上昇し暑くなる季節は、このエアコンクリーニングの予約がとりにくい時期でもあります。
臭いが気になるという時には、すぐにでも解消したいものです。
繁忙期を迎える前にエアコンを一度使ってみてください。
もし臭いが気になるようなら、その時が依頼するタイミングです。

 

1-3.ベストの季節はズバリ春!秋の掃除もおすすめ

エアコンクリーニングを依頼するタイミングで、ベストなのが春です。
春は気温が上昇し、エアコンを使う頻度も減ってくる季節です。
また、6月に入れば梅雨の季節となりカビも増殖しやすくなります。
エアコンの頻度が低下したタイミングでエアコン洗浄をしてカビを取り除いておけば、カビの増殖を防ぎ、夏には快適にエアコンを使うことができます。
また、気温が低下してくる秋もオススメのタイミングです。
冬に備えて、エアコン洗浄をしておきましょう。
使用頻度が少なくなる季節を上手く活用して、エアコンクリーニングをすることが大切です。

 

エアコンクリーニング 春

2.この時期は避けたい!エアコンクリーニングの季節

エアコンクリーニングを最も避けたい季節が夏です。
寒い冬は、意外に厚着をするだけでも寒さはしのげるものです。
しかし、暑い夏はエアコンなくしては生活できないという人がほとんどではないでしょうか。
扇風機だけでも十分という人もいるかもしれませんが、近年では温暖化の影響から、過去の最高気温を超える暑さとなっています。
そんな夏に扇風機だけでは熱中症になる危険性があります。
温暖化が進む時代では、夏のエアコンはとても重要です。
このことからも、エアコンクリーニングを最も避けたい季節が夏です。
夏前にはしっかりとエアコンチェックをして、事前にクリーニングをすることをオススメします。

 

2-1.夏にエアコンを止めての掃除は避けるべき

夏は、エアコンがとても重要なアイテムとなります。
真夏になれば、夜でも熱帯夜となり寝苦しい日々を送ることになります。
そんな夏でも部屋だけは快適な環境にしてくれるのがエアコンです。
また、エアコンは熱中症を防いでくれる重要なアイテムです。
夏は熱中症になってしまう人も多く、数時間でもエアコンが止まってしまうのは避けることが大切です。
そのため、夏にエアコン掃除をすることにならないためにも、事前のエアコンクリーニングが大切です。
特に小さな子供や年配の方がいる家庭では熱中症対策をするためにも、夏までに万全な状態を整えておきたいものです。

 

2-2.エアコンクリーニングの予約が取りにくい夏

使用頻度の高い夏は、どうしてもエアコンクリーニングの依頼が多い季節です。
そのため、エアコンを使い始めてから臭いが気になって依頼をしても、予約がとりにくくなります。
繁忙期を迎える前に、事前にエアコンをチェックしましょう。
チェックをするといっても、エアコンを分解して内部をチェックするということではなく、一度エアコンをつけてみるということです。
それだけのチェックで、今年の夏を今のエアコンの状態で快適に過ごせるかを判断することができます。
夏になって慌てて業者依頼をすることがないように、事前のチェックが重要です。

3.空気を汚す!たまっているエアコンの汚れとホコリ

エアコンの臭いの原因はフィルターにあると思っている人もいるのではないでしょうか。
しかし、フィルターや表面の汚れを掃除機で吸いとったり、掃除機能が付いたエアコンでも、どうしても臭いはします。
この臭いの原因はエアコンにたまっている汚れやホコリにあるからです。
エアコンを使い始めてから、くしゃみが増えたという経験をした人もいるのではないでしょうか。
夏なら、冷房が効きすぎて寒さを感じてくしゃみが出ると思う人もいるかもしれませんが、その原因はエアコン内部にたまったホコリや汚れを吸っているせいかもしれません。
健康のためにも、エアコンクリーニングは大切です。

 

3-1.カビの発生を防ぐには、定期的なエアコンクリーニングを

エアコンのカビが気になる人にとって、どのくらいの頻度でクリーニングをしたらいいのかと思ってしまいますよね。
お風呂などでも、一度綺麗に掃除をしても、いつの間にかまたカビが生えています。
エアコンも同様で、定期的なコンクリーニングは欠かせません。
目安としては2〜3年に1回程度です。
通常のエアコンなら1台1万円程度なので、この程度の頻度のクリーニングなら定期的におこなえるのではないでしょうか。
しっかりとした業者に依頼をすることで、エアコン内部が綺麗になるだけでなく、電気代節約になったり、故障が減り、エアコンの寿命を延ばす効果も期待できます。

 

3-2.カビ臭い場合は直ちにエアコンクリーニングを依頼する

エアコンクリーニングは考えているけど、つい機会を逃してしまっているという人もいます。
その間にもエアコン内部ではどんどんとカビが繁殖しているかもしれません。
エアコンをつけてカビ臭い時には、もう危険信号です。
そのままエアコンをつけていれば、部屋中にカビをまき散らし、自分だけでなく、家族もそのカビを吸うこととなってしまいます。
そんなエアコンを使っていると、カビ肺炎や夏型過敏性肺炎になってしまう可能性もあります。
このような病気にならないためにも、エアコンクリーニングはとても重要です。
カビ臭い時にはすぐに洗浄業者に依頼をすることをオススメします。

エアコンクリーニングおすすめ業者は「おそうじ本舗」!

エアコンクリーニング

エアコンク−ニングを業者に依頼するなら「おそうじ本舗」がおすすめです。

おそうじ本舗は全国に約1400店舗展開しており、47都道府県に対応しています。
他業者で断られがちなおそうじ機能付エアコンも対応可能で、
作業員の性別が指定できるところが業界トップのおそうじ本舗ならではのサービスです!

おそうじ本舗が気になったら、まずは無料見積もり依頼してみましょう。
もちろん、見積もり後に実際依頼しなかった場合は一切料金はかかりません。

おそうじ本舗に無料見積もり依頼