エアコンクリーニング 賃貸

> 賃貸物件のエアコンをクリーニングするには

賃貸住宅のエアコンクリーニングついて

賃貸の部屋を借りるときに、エアコンがついているかどうかを条件の一つにする人も多いのではないでしょうか。
物入りな引っ越し時に、エアコンを購入する必要がないのはとても助かりますよね。
ただし、賃貸住宅のエアコンは新築などでない場合、ほとんどが中古のエアコンです。
以前の入居者が退去する時にハウスクリーニングは行われますが、エアコンの中まで掃除されているかというと、必ずしもそうではありません。
入居してエアコンをつけてみると、カビ臭かったり、効きが悪かったりなんてことも珍しくないトラブルのようです。
そんな時にはどのように対処すればいいのでしょうか?

 

エアコン 賃貸

 

契約の際にエアコンについて、事前にチェック!

部屋の内覧や契約の際に確認したいのが、エアコンがついているということだけでなく、それはどれくらい古いものなのか、クリーニングはされているか、クリーニングをする際にはどちらが費用負担するのかという点です。
エアコンが壊れている場合には、管理会社やオーナー負担で新品に交換されるのが普通です。
ただし、臭いや汚れが気になる場合のエアコンクリーニングは、管理会社やオーナー負担になるか自己負担になるか、曖昧なのだそうです。
入居してからオーナーさんや管理会社とトラブルになるのを防ぐために、必ず事前にチェックしておくのがおすすめです。

入居直後のクリーニング費用は大家に!

いくらエアコンが設置されていても、正常に使用できる状態でなければ、損した気分ですよね。
それに、入居前に素人がエアコンの内部を確認したところで、キレイかどうかが分からないかもしれません。
入居してエアコンを使用した時に、何か異常がある場合にはできるだけ早く管理会社やオーナーさんに相談しましょう。
入居直後であれば、クリーニング代を負担してくれる場合が多いからです。
クリーニングのことを相談する時は、「相談」するよりも「交渉」する意識で臨むのがおすすめです。
入居してから数年経過している場合にも、諦めず一度交渉してみましょう。

入居中のエアコンクリーニング費用は借主負担?大家さんが負担?

エアコンの臭いや汚れが気になる場合のクリーニング代は、居住者かオーナー、どちらが負担するかは、実はとてもグレーゾーンのようです。
エアコンが壊れている場合は、オーナーが負担し修理や新品に交換などしてくれます。
ただし、エアコンクリーニングの場合は、居住者の負担責任とするスタンスのところが多いと言われています。
入居してすぐにエアコンの異常に気付いた場合なら、すぐに報告すれば業者の手配から費用負担までしてくれる場合もありますが、入居して数年経っている場合には自己負担になることが多いようです。
エアコンの異常に気付いたら、できるだけ早く管理会社に相談しましょう。

 

エアコンの使用年数から考えると自己負担の可能性大

エアコン設備があるからその部屋を選んだとしても、設置されているエアコンがきちんとメンテナンスされているとは限りません。
特に古いエアコンが設置されている場合は、長年積み重なった汚れやカビ菌が内部に隠れている可能性が高いです。
もしエアコンのクリーニング代が自己負担になったら、とても損した気分になりますよね。
古いエアコンの場合には、経年劣化によってエアコンの効きが悪いということもありますので、一度管理会社に相談してからエアコンクリーニングを依頼した方が賢明です。
交渉次第では負担費用が全額ではなく半額など、少なくなる場合もあるようです。

 

大家によってはクリーニング代金を負担しているところも?

エアコンが故障した場合の修理や新品交換は、基本的にはオーナーの義務ですので、契約者が負担するということはほとんどありません。
ただし、クリーニング代に関しては管理会社やオーナーさんによって、対応がまちまちです。
中には、優しい管理会社やオーナーさんで、連絡するとすぐになじみのクリーニング業者を手配してくれて、費用も負担してくれるという場合もあるようです。
また、交渉すれば全額負担してくれたり、一部負担してくれたりする場合も実際あるようです。
エアコンの汚れが気になる場合には、エアコンクリーニングの業者に連絡する前に、一度管理会社に連絡して相談、交渉してみる価値は十分あります。

 

わからない場合は、管理会社に相談してみる

エアコンのことなんて賃貸契約の時に確認していなかったし、契約書を見直したけどそんな項目が見当たらない」、そういった場合にはまずは管理会社に相談しましょう。
親切なところなら、オーナーさんに交渉してくれてなじみのエアコンクリーニングの業者を手配し、費用を負担してくれる場合があります。
管理会社に相談することなく自分でエアコンクリーニングを依頼して、事後報告で費用請求した場合には、オーナーさんが支払ってくれない場合があります。
いくら親切な管理会社でも、指定の業者以外でのエアコンクリーニングは、オーナーへの交渉も難しいことがありますので、依頼する前に必ず確認しましょう。

管理会社はクリーニング業者を紹介してくれる?

エアコンの異常に気付き、管理会社に相談するとエアコンのクリーニング会社を紹介してくれる場合があります。
おそらくその管理会社がいつも利用する、なじみの業者だと思います。
ただし、管理会社が紹介してくれるからといって、必ずしも良い業者というわけではありません。
中には、エアコンクリーニング専門の業者ではなく、ハウスクリーニング業者の場合もあります。
しつこい汚れの場合には、ハウスクリーニング業者のクリーニングでは解消されない場合もあります。
クリーニング代が自己負担の場合は特に、自分で業者を見極めることも大切です。

退去時のエアコンクリーニング代の負担は?

エアコンクリーニングを含むハウスクリーニングは、国土交通省のガイドラインによると「賃貸人負担が妥当」とされています。
普通に使用している分には、大家さんが負担するのが常識です。
ただし、中には退去時に請求される場合もあります。
契約時に明示されていた場合ならまだしも、退去するときになって急にそんな話が出た場合には、「支払わない」という意思をきちんと示して支払い拒否をしても問題ありません。
国土交通省のガイドライン自体には法的拘束力はありませんが、裁判所の判例でたとえ契約書に記載があっても支払い義務がないという判決も出ています。

 

契約書の内容と確認、合意が必要となってくる

エアコンクリーニング代金は、基本的には退去時に契約者が支払う必要がありません。
ただし、契約書に退去時にハウスクリーニング代やエアコンクリーニング代を請求するという記載があった場合には、払わなければならない可能性もあります。
特に請求する金額まで明記されている場合には、消費者契約法により無効にならない場合もあります。
まずは、契約時に必ず退去時の条件などを確認し、合意することが大切です。
契約時に退去費用に関しての記載をうっかり確認せずに、そのまま契約してしまった場合も、支払わないという意思を示し最悪の場合には弁護士等の専門家に相談しましょう。

 

あきらかに汚れがひどい場合のエアコンクリーニング費用は?

普通に生活しているうえでの汚れなら、基本的にはエアコンクリーニング代は支払う必要がありません。
ただし、どうしても普通の汚れでない場合には、請求されることもあるかもしれません。
たとえば、ペットを飼っている場合には、抜け毛によって通常よりもエアコン内部が汚れてしまう場合があります。
また、たばこを室内で吸っている場合にも、たばこのヤニによってエアコン本体内の汚れがひどくなることがあります。
部屋のクロスもヤニによって汚れがひどい場合には、交換費を請求される場合があるのと同じような感じです。
その点も、きちんと契約時に確認しておくのが賢明です。

エアコンクリーニング費用はいくらくらい?

エアコンクリーニングを業者に依頼すると、どれほど費用がかかるのでしょうか?

 

通常の壁掛けタイプだと、最安値5000円〜15000円位が相場です。
お掃除機能付きは12000円〜35000円、天井埋め込み式は25000円〜35000円程度かかるとみておくのがよいでしょう。

 

ただし、室外機洗浄やコーティングなどのオプションを付けると、料金がプラスされるので注意が必要です。
また、いくら安いからと言って安易に業者を選んでしまうと、技術がないスタッフが派遣されたり、適当にクリーニングされることもあるようなので、しっかり調べて依頼しましょう。

クリーニング業者を使わずに自分で掃除することはできるの?

先に説明した様に、エアコンクリーニングを業者に依頼すると数万円の出費になります。
そのため、「自分で掃除する方がいいのでは?」と思う人も多いはずです。
では、業者を使わずに自分で掃除することは可能なのでしょうか?

 

結論から言うと、エアコンクリーニングは自分で行うことは可能です
しかし、エアコン内部の洗浄となると部品を分解する必要があるので、手順を間違えると故障の恐れがあります。
故障させると修理費がかかりますし、専門知識がないままクリーニングをしても、エアコンがキレイにならない場合もあります。

 

やはり、エアコンクリーニングは専門家に任せた方が賢明と言えるでしょう。

 

エアコンクリーニング業者を選ぶ際のポイントとは

エアコンクリーニングは、どんな業者に依頼したらよいのでしょうか?
業者選びのポイントは、以下の通りです。

 

料金体系がハッキリしていること

(追加料金が不明瞭な業者の場合、後で追加料金を請求されることがあります)

 

損害賠償保険に加入していること

(保険に加入してない業者の場合、クリーニング後にエアコンが故障した際にトラブルになる可能性があります)

 

料金が相場内におさまること

 

なお、エアコンクリーニングの費用が借主負担で大家(管理会社)に紹介された業者に依頼する場合は、費用が敷金から引かれるようです。

 

しかし、自分で業者を選んだほうが安くすむのであれば、大家(管理会社)に自分で依頼できるかどうか確認した方が良いでしょう。

賃貸物件のエアコンクリーニングに関する口コミ・評判

まずは大家と交渉!クリーニングは専門業者への依頼をおすすめします

入居後にエアコンを使用したところカビ臭かったため、すぐ大家さんに相談しました。
以前、自分でエアコンクリーニングをしたのですが、上手くいかずに諦めたことがあります。
手順をネットで調べてみても、内部まで掃除をするのは無理がありました。
何より自分の家じゃないし、クリーニングの専門知識もなく故障させたら大変なので、貸主負担でも借主負担でも業者に依頼したほうが絶対に安心です。
専門のスタッフさんが来てくれて、内部までしっかり掃除をしてくれたので、カビ臭さもなくなり快適に使用しています!
クリーニング費用は大家さんが負担してくれることもあるので、事前に交渉しておきましょう。

 

年齢:30代
性別:男性
評価(5点満点):★★★★

 

15年以上経ったエアコンは交換をお願いしてみましょう

エアコンの買い替え時期は約13年だそうですが、私の部屋に設置されたエアコンはもう15年以上も経っていました。
エアコンクリーニングではどうしようもないので、思い切って交換してもらいました。
寿命が来ていることと、古くなって効きが悪くなると電気代が高くなると言った旨を説明して交換をお願いするとよいです。
お願いしたからすぐに対応してくれたので、前に使用していた古いエアコンよりも実際電気代が安く抑えられています。
大家さんはエアコンに詳しい訳ではないため、説明すると納得してくれるかもしれません。
エアコンの寿命が来ている場合には、効果的な方法だと思います。

 

年齢:20代
性別:女性
評価(5点満点):★★★★

 

退去時のエアコンクリーニングも借主負担・・・

入居時のことだけでなく、退去時のことも考えておきましょう。
以前のアパートで退去時にエアコンクリーニング代を請求されたので驚いたのですが、契約書にクリーニング費用についての規定がありました。
ハンコも押していたので契約に従い費用は支払いましたし、今まで自分が使ってきたのだから、自分のお金でキレイにするのは仕方がないかなと思いました。
しかし、すっかり契約内容を忘れたいたので、痛い出費となりました。
入居前には契約内容をよく確認しないと自分のようなことになるので注意してください!

 

年齢:20代
性別:男性
評価(5点満点):★★

エアコンクリーニングおすすめ業者は「おそうじ本舗」!

エアコンクリーニング

エアコンクリ−ニングを業者に依頼するなら「おそうじ本舗」がおすすめです。

おそうじ本舗は全国に約1400店舗展開しており、47都道府県に対応しています。
他業者で断られがちなおそうじ機能付エアコンも対応可能で、
作業員の性別が指定できるところが業界トップのおそうじ本舗ならではのサービスです!

おそうじ本舗が気になったら、まずは無料見積もり依頼してみましょう。
もちろん、見積もり後に実際依頼しなかった場合は一切料金はかかりません。

おそうじ本舗に無料見積もり依頼