エアコンクリーニング 業務用

> 業務用のエアコンクリーニング−自分でできる?依頼した時の価格は?

業務用エアコンクリーニングの掃除は自分でできる?

エアコンクリーニング 業務用

エアコンは放置しておくと、カビやホコリによって汚れが酷くなっていくので、使用する際には洗浄が必要です。
しかし、業務用エアコンは家庭用と違ってサイズが大きいため、掃除も楽ではありません。
特に、天井へ埋め込むタイプのエアコンの場合、クリーニングは高所作業になるため、脚立などの準備が大変で諦めている人もいるのではないでしょうか?
とはいえ、エアコンのフィルター掃除は自分でもすることが可能です。
まず、エアコンの電源コードを抜き、それからフィルターパネルを開き、留め具を外してパネルを外します。
掃除機で表面のホコリを吸い取り、洗剤で洗浄、その後シャワーで洗い流してフィルターをきれいにすることができます。

 

内部の掃除は業者に依頼がおすすめ

フェイルターは簡単に取り外して洗浄できますが、内部洗浄は部品や電気に対する知識がないとできない危険な作業です。
それぞれの部品に合った洗剤の選択、故障を防ぐための洗浄技術が必要なので、エアコンの内部の掃除はプロの業者に依頼するのがおすすめです。
掃除機で見えないところのホコリを吸い取り、専用薬剤で熱交換器を洗浄し、防カビ処理や抗菌処理をすれば完璧です。
知識や技術もなく、安易に電化製品の内部をいじってしまうと、感電の恐れもあります。
また、自分で分解洗浄を行うと、部品の紛失やエアコンの故障につながる可能性もあります。
自分では出来ないと思ったら、無理をせずに、信頼できる業者さんに洗浄をお願いしましょう。

 

業務用エアコンの掃除頻度は?

業務用エアコンは、オフィスやお店の広さ、喫煙者の有無、人の出入りなど、使用状況によって掃除頻度が変わってきます。
また、ホコリが送風機に溜まっていたり、フィンが黒くなっていたりと、見た目の汚れ具合で掃除の時期を判断することもあります。
フィルターに関しては、自分で掃除ができるので、年に一度は洗浄するのがよいでしょう。
内部などの専門知識が必要な業者クリーニングは、通常のオフィスで2〜3年、通常の店舗でも2〜3年が目安です。
しかし、料理をして油やすすが出る飲食店の場合は、毎年行うのがベストです。
ホコリやカビをそのままにしてくと、運転効率が下がり電気代がかかるので、目安に関わらず汚れ具合はチェックした方がよさそうです。

 

業務用エアコンのクリーニングはいくらかかる?

エアコンの掃除は必要だと分かっていても、費用が気になりますよね。
特に、業務用エアコンは自分一人でクリーニングできない部分もあるので、業者に依頼する必要があります。
業者に依頼した時にかかる作業料金は、エアコンの型、地域や業者によって違います。
通常の相場としては、安くても一台25,000円位かかりますが、台数を増やすことによって値引きをしてくれる業者さんもあります。
さらに、オプションで抗菌・防カビ処理を行うとプラス4,000円はかかります。
消費税なども考慮して、一台30,000円ほどを見込んでおかなくてはなりません。
費用はかかりますが、運転効率や、職場環境を考えて必要な時にクリーニングやメンテナンスをしてもらうことが大切です。

 

業務用エアコンのクリーニングの流れ−時間はかかる?

業務用エアコンの掃除は、どれくらい時間がかかり、どのような作業内容なのでしょうか?
まずは洗浄に入る前に、エアコンのスイッチを入れて異常がないかチェックし、お部屋全体に汚れが付かないように養生をします。
養生が終わったら内部を分解して、内部の洗浄、部品の洗浄を分けて行います。
エアコンの周りを養生をしてから、内部に洗浄剤を染み込ませ、高圧洗浄機で汚れを落とします。
内部の水分をバキュームで吸い取り、拭き取って完璧に乾燥させます。
最後に外していた部品を元の位置に戻し、電源を入れて運転を確認し終了です。
作業終了までに約1時間30分〜2時間は必要になりますので、営業時間外か営業日以外に依頼する方がよいでしょう。

エアコンクリーニングおすすめ業者は「おそうじ本舗」!

エアコンクリーニング

エアコンク−ニングを業者に依頼するなら「おそうじ本舗」がおすすめです。

おそうじ本舗は全国に約1400店舗展開しており、47都道府県に対応しています。
他業者で断られがちなおそうじ機能付エアコンも対応可能で、
作業員の性別が指定できるところが業界トップのおそうじ本舗ならではのサービスです!

おそうじ本舗が気になったら、まずは無料見積もり依頼してみましょう。
もちろん、見積もり後に実際依頼しなかった場合は一切料金はかかりません。

おそうじ本舗に無料見積もり依頼