エアコンクリーニング 保証

> エアコンクリーニングに関する保証いろいろ

エアコンクリーニングでよくあるトラブルと保証について

エアコンは定期的にお掃除した方が、電気代が節約できたり、エアコンが長持ちしたりすると言われています。
掃除機能付きエアコンなら、スイッチ一つで自動で掃除したり、エアコンの蓋を開けてフィルターを掃除機できれいにしたりすることもできますが、さらに内部のクリーニングはエアコンクリーニング業者を利用するのがおすすめです。
ただし、業者によってはクリーニング中に部品を破損させてしまったり、作業中にエアコン以外のものを壊してしまったりすることもあります。
そういった場合には、業者やメーカーはどこまで保証してくれるのでしょうか?
エアコンの保証の範囲は各業者やメーカーによって対応が違い、どのような保証をしてくれるのかは一概には言えません。
ただ、どの業者やメーカーでも保証対象となる目安があります。
保証をしてもらえるケースと保証してもらえないケースの目安を説明しますので参考にしてください。

 

エアコンを破損した場合

エアコンから出てくる風がなんだかカビ臭かったり、効きが悪かったりする場合にはできるだけ早くエアコンをクリーニングするのがおすすめです。
市販の洗浄スプレーは、エアコン内に洗浄薬品が残ってしまうことが多く、それがさらなるカビの繁殖に繋がるので禁物です。
業者の洗浄サービスでは、高圧洗浄機でしっかり洗い流してくれるのでその心配もありません。
ただし、洗浄中に業者が部品を破損させてしまう場合があります。
部品を破損した場合、基本的には業者が弁償してくれますが、10年以上使用している古いエアコンの場合には経年劣化が原因とされ保証されない場合もあります。

 

また、10年以上のエアコンとなると、エアコンクリーニング自体を断られることがあります。
10年以上のエアコンは経年劣化によって部品の破損や故障が起こりやすいので、保障されないと考えておく必要があるでしょう。
知名度のあるダスキンやおそうじ本舗でも、10年以上のエアコンでは作業を断るケースが大半です。
もし依頼を受けてくれても、保証はできないことを了承した上での作業となります。

 

エアコンの動作不良・効きが悪い場合

せっかくエアコンをクリーニングしたのに、以前より効きが悪くなったり動作不良を起こしてしまったりすることも実はあります。
とくに10年以上使用している劣化したエアコンの場合、エアコン内部の汚れをきれいにすることで電流値が回復します。
でもそれによって、ショック状態になって逆に動作不良を起こしてしまうことがあります。
この場合には、クリーニング業者は自分たちには不備がなかったというスタンスなので、基本的には保証はありません。
新しいエアコンの場合には、破損の可能性もありますので、必ずクリーニング後に作業員と動作確認を行い、おかしい場合は内部の再度確認と破損部分の保証をお願いしましょう。

 

エアコン以外の器物を破損してしまった場合

トラブルが起きる可能性があるのは、エアコンだけではありません。
エアコンの洗浄時にはエアコンを分解する作業や、その場で洗浄する作業などがあります。
エアコンは壁に取り付けられている状態で洗浄されますので、分解時や洗浄時に壁を汚したり傷つけたりしてしまうことがあります。
また、床やじゅうたんを汚してしまう可能性もあります。
もちろんプロですので、そのようなことは基本的にはありませんが、もし起こった場合は双方で確認、協議し、業者に非がある場合には保証をしてもらえます。
京壁や塗り壁、白木にエアコンが設置されている場合には、作業自体断られるという場合もあります。

 

エアコンクリーニング業者の補償について

エアコンクリーニング 返金

エアコンクリーニングを業者に頼んでトラブルになった場合、金銭的な補償をしてもらえるのかという点は気になりますよね?
仮に、業者がエアコンを破損してしまったり、エアコンクリーニング後に調子が悪いなどといった場合、後々トラブルになりかねません。
そういった時に、補償があるかないかでは依頼する業者選びにも影響します。
ここからは、エアコンクリーニング業者の補償について解説していきます。
重要な点ですから、よく理解した上でエアコンクリーニングを依頼しましょう。

 

クリーニング業者は賠償責任保険に加入している

エアコンのクリーニング業者はダスキンなどの大手クリーニング業者やきちんとしているところなら個人経営でも、賠償責任保険に加入しています。
賠償責任保険とは、他人に怪我を負わせたり、他人の物を壊してしまったりして、そのクリーニング会社が損害賠償責任を負った場合に、治療費や修理費などの損害賠償金がその会社に支払われる保険です。
ですので、下手な業者に依頼していなければ、エアコンが作業中に破損してもきちんと保証してもらえます。
ただし、作業中の破損であることを証明するために、作業には必ず立ち合い、終了したら確認をきちんと行う必要があります。

 

保証期間はどれくらい?

エアコンクリーニングでの保証期間は、作業終了後の3日以内の異常が目安となっているようです。
口コミなどでは、「エアコンクリーニングを受けて数ヶ月後に故障を発見した」といった声を見ることがあります。
しかし、もしエアコンクリーニングが原因での故障であれば、作業後すぐに症状が現れます。
3日以上経過した後での故障では、エアコンクリーニングが原因かどうかハッキリとしないため、保証を受けるのは難しいでしょう。

 

故障となった時には洗浄代金を返金

せっかくクリーニングをお願いしたのに、逆にエアコンが故障してしまった場合には、まずはクリーニング代金の返金を求めましょう。
クリーニング業者によって故障に対するアフターサービスはさまざまですが、対応が良いところなら掃除後の状態に満足いかなければ返金もしくは無料で再度クリーニングをしてくれるところがあります。
そこまでいかなくても、以前の状態に回復することが難しいと判断される場合には、洗浄代金の返金か、代金相当の他のサービス代替などを行ってくれるのが一般的です。
ですので、故障に気付いたらクリーニング代の返金も相談してみましょう。

 

メーカーに修理を依頼してもらう

エアコンメーカーでクリーニングをしてもらっている場合以外は、故障したらその業者では修理ができないので、メーカーにお願いすることになります。
クリーニング業者に非がある場合には、損害賠償保険で修理費用を出してくれるので、基本的にはお金はかかりません。
ただし、古いエアコンの場合にはメーカーにも部品がすでにないこともあります。
その場合には、双方の協議によって保証をしてくれます。
とくに10年以上使用しているエアコンの場合には、部品がないことが多かったり、クリーニング業者によっては保証自体してくれないところも中にはあるので覚悟が必要です。

 

完全分解のエアコンクリーニングの損害補償は?

壁掛けタイプのエアコンを完全に取り外し、持ち帰って分解洗浄してくれるクリーニング業者も中にはあります。
この場合も保証は会社によって多少変わります。
たとえば、完全分解洗浄の場合は、どんなエアコンでも洗浄から1年間の保証があります。
クリーニングしてもらってから1年以内なら、動作不良が起きたり、水漏れがしたり、変な音がする場合には、対応してくれます。
エアコンの完全分解の方が技術の必要な作業になりますので、クリーニングに精通した人が作業します。
そのため、保証内容もしっかりしている傾向があります。

 

新品への買い替えは行っていない

クリーニングをきっかけに、エアコンが故障してしまった場合でも新品への買い替えはどの業者でも行っていません。
基本的には、壊れた部品の取り換えや修理という対応になります。
ただし、10年以上使用している古いエアコンの場合には、部品を交換したり、修理をしたりしても直らない場合があります。
その場合は、買い替えなければならないのですが、そこまで保証してくれる業者は稀です。
エアコンの寿命は7・8年と言われていて、10年以上使用しているものは経年劣化で故障する可能性が高いからです。
古いエアコンをクリーニングする場合には、その点も考慮して依頼するか、新しいエアコンに買い替えるかする方がいいでしょう。

 

エアコンメーカーの保証は?

たとえば、富士通の場合は、熱交換器などの冷媒機能はお買い上げより5年間、室内機、室外機などの本体がお買い上げより1年間、その製品を維持するために必要な部品がお買い上げより10年間となっています。
ですので、メーカー保証だけでは十分とは言えません。
エアコンを購入する際に家電量販店で延長保険に加入すれば、プランにもよりますが最大10年間保証してくれることが多いです。

 

ただし、先に説明したようにエアコンは経年劣化する家電製品なので、通常10年以上の保証を付けることはできません。
また、経年劣化と思われる故障に関しては保証の対象外となることがほとんどです。
つまり、エアコンは使うごとに劣化しやすい製品で、寿命がきたらクリーニングや修理をするよりも買い替える方が経済的にもいいということが言えます。

 

なお、保証期間内であっても、火災、水漏れ、落下・破損による故障は保証対象外となります。

 

エアコンクリーニングが安くなったりしないの?

メーカー保証や家電量販店の延長保証で、エアコンクリーニング代が安くなるということはありません。
エアコンクリーニングは決してエアコンの故障ではなく、あくまでもメンテナンスの一環ですので、保証内容には含まれないからです。
ただし、中にはエアコンクリーニングも行っている家電量販店もありますので、そこで購入したエアコンなら安くなるということは考えられます。
また、クリーニング業者の中には、エアコンだけでなくハウスクリーニングも行っているところがありますので、他のサービスとセットにすると安くなるということもあるようです。

 

故障かな?と思った時のチェックポイント

エアコンクリーニング後に不具合が起こると、すぐに「クリーニングが原因ではないか?」と思いがちですが、そうでないケースもあります。
故障だと判断する前に以下の点をチェックしてみましょう。

 

・ブレーカーは上がっているか
・エアコン本体の電源は入っているか
・リモコンが作動するか
・冷えないときは設定が暖房や送風になっていないか

 

リモコンは新しく電池交換しても作動しないことがありますが、カメラ付きの携帯電話やデジタルカメラなど動作確認で行うことができます。
携帯電話やデジタルカメラでリモコンの送信部分を映して、運転ボタンなどを押すと、正常なリモコンでは白や紫の光が見えます。
もし、この光が見えないようであれば、リモコンが故障していると判断できます。

 

きちんと保証してもらえた?エアコンクリーニング後のトラブルに関する口コミ

ダスキンに依頼して水漏れ!保証対応してくれました

エアコンからの臭いが気になりエアコンクリーニングをすることにしました。
依頼したのはダスキンです。
大手企業であれば安心して任せられると思いダスキンを選びました。
作業の手際も良く、「さすがダスキン」と思っていたのですが、クリーニング後にエアコンから水漏れが起こるようになりました。
「大手だからと安心だ」と思いクリーニングを依頼したのにがっかりしてしまいました。
でもダスキンに連絡をするとすぐに対応してくれたので、対応の早さはやっぱり大手だと感じました。
対応してもらってからは水漏れもなく快適にエアコンが使えています。

 

年齢:40代
性別:女性
評価(5点満点):★★★

 

「保証期間外」の一点張り・・・ヤマダ電機には依頼しません

昨年にヤマダ電機にエアコンクリーニングをしてもらい、今年の夏にエアコンをつけると大量の水漏れが起こりました。
今までこんなことはなかったことから、エアコンクリーニングが原因だと思いヤマダ電機に修理依頼をすることにしました。
しかし、ヤマダ電機に連絡をすると、「クリーニングから6ヶ月以上経っているので保証期間外で、こちらに責任はない」との一点張りです。
結局、メーカーに依頼をして修理をしてもらいましたが、ヤマダ電機の対応には本当にがっかりです。
これからはヤマダ電機にクリーニングは依頼しません。

 

年齢:30代
性別:男性
評価(5点満点):★

 

おそうじ本舗は保証してくれました!

全国展開しているおそうじ本舗なら安心だと思いエアコンクリーニングを依頼したのですが、クリーニング直後からエアコンの調子が悪くなりました。
「クリーニングが原因では?」と思い、すぐにおそうじ本舗に連絡をして確認をしてもらいました。
すると、クリーニングが原因で部品が破損していたとのことです。
おそうじ本舗では保険に加入をしているとのことで、無料で修理をしてくれました。
不具合の対応が良かったので、これからもおそうじ本舗にエアコンクリーニングを任せたいと思います。

 

年齢:40代
性別:女性
評価(5点満点):★★★★

 

エアコンクリーニングおすすめ業者は「おそうじ本舗」!

エアコンクリーニングを業者に依頼するなら「おそうじ本舗」がおすすめです。
おそうじ本舗は全国に約1400店舗展開しており、47都道府県に対応しています。
他業者で断られがちなおそうじ機能付エアコンも対応可能で、
作業員の性別が指定できるところが業界トップのおそうじ本舗ならではのサービスです!

 

おそうじ本舗が気になったら、まずは無料見積もり依頼してみましょう。
もちろん、見積もり後に実際依頼しなかった場合は一切料金はかかりません。

エアコンクリーニングおすすめ業者は「おそうじ本舗」!

エアコンクリーニング

エアコンク−ニングを業者に依頼するなら「おそうじ本舗」がおすすめです。

おそうじ本舗は全国に約1400店舗展開しており、47都道府県に対応しています。
他業者で断られがちなおそうじ機能付エアコンも対応可能で、
作業員の性別が指定できるところが業界トップのおそうじ本舗ならではのサービスです!

おそうじ本舗が気になったら、まずは無料見積もり依頼してみましょう。
もちろん、見積もり後に実際依頼しなかった場合は一切料金はかかりません。

おそうじ本舗に無料見積もり依頼